2007年12月19日

思ったこと

早いものでもう年の瀬です。ニコニコにうpした「演奏してみた」作品もお盆にスタートしてから六つまで増えました。その間に、これらの動画の音声や映像の一部を使用した作品も制作され(sm1786941,sm1277703,sm852710などなど)、ニコニコ的創作連鎖の中にわずかでも参加できているのは中々嬉しいものです。そんな中で最近考えていることをふたつほど。

ひとつめ。僕の作品は伴奏もそれなりの音量でmixしてあったり、篠笛で吹き易いよう転調している場合が多いので他の演奏と合わせるのにやや難があるようです。そこで、今後は素材としての使いやすさも考えて、篠笛パートだけのmp3、なども需要があれば用意してみようかと思います。(基本的に今後のうpについて。過去の作品についても可能ですがしばらくは忙しいのですぐ対応できるかは不明)

ふたつめ。自分の動画の一部を使用した作品をニコニコにうpされる場合に、うp主さんから直接連絡していただけるのは嬉しいことです。しかし、制作された動画のコメントなどで「許可をもらった」などの解説は不要と考えています。雑な言い方をすれば、使用許可についてはソースさえ示せば暗黙の了解が成立する、というのがニコニコの創作風土だと感じています。既存の動画作品にインスピレーションを得て、ひと手間加えればそれは新しい作品です。使用した元動画などのソースがきちんと示されていれば、視聴者はその動画のオリジナリティー(何処までが既成のネタで何が新たな創作なのか)を把握して正当な評価を下すことができますから。むしろ、そうした背景でわざわざ「許可を取ってやりました」と書いてあるとネタ元のうp主が新しくうpされる動画の内容にまで責任を持っているようなニュアンスが出てきて視聴者が混乱しかねないと考えます。(何をどう許可したのか分からない点が問題。たとえば、内容をチェックしてうpの可否を判断したのか?など)

こんな感じです。
posted by しましま at 14:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>使用許可についてはソースさえ示せば暗黙の了解が成立する、というのがニコニコの創作風土だと感じています。

アプローチが論文くさいですねw
Posted by とっとくめい。 at 2007年12月20日 00:26
>とっとくめい。さん
言われてみれば…でも,もっとシンプルな文章を書きたいものです.
Posted by しましま at 2007年12月26日 22:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73603617
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。